地デジアンテナとは


2011年7月より、テレビ放送は従来のアナログ放送から地上デジタル放送に移行しました。その背景には、家庭での情報取得を容易にする目的があります。情報化社会と呼ばれる現代において、テレビはパソコンなどと比較しても簡単に操作ができ、手軽に情報が得られる媒体です。また、電波の有効活用も目的の一つとして挙げられます。電波は周波数を変えることによって無限に利用できると思われるかもしれませんが、実際に使用できるのは一定の範囲内のみとなっています。携帯電話が一般に広く普及したことや、Wi-Fiの出現などによって、利用可能な周波数がなくなってきている現状があります。しかし、デジタル放送では、同じ周波数を用いて電波が混信しても、その影響がほとんどないため、周波数の利用可能な帯域を縮小することができます。

ただし、地上デジタル放送を見るためには地デジ対応のテレビか、または、デジタルチューナーを購入する必要があります。他にも、電波を受信するためにUHFアンテナと呼ばれる地デジアンテナが必要となります。UHFとは、極超短波という電波のことを指し、300MHzから3GHzまでが該当します。テレビ放送はその中の、470MHzから770MHzの帯域を用いており、13チャンネルから62チャンネルまで割り振られています。地デジアンテナを設置するにあたり、工事が必要となる場合もあります。当サイトでは、地デジアンテナの工事を業者に依頼するときにかかる費用や、業者の選び方などについて紹介しています。